FileMakerが使える・楽しく・学べるサンプルを紹介

ファイルメーカーで作成したサンプルを無料公開しています。ダウンロードして自由にカスタマイズしてご利用ください。

*

接続する端末をOSによって判定するスクリプトのまとめ

      2015/05/11

FileMakerのファイルを開いたとき、接続する端末によってレイアウトを切り替えるスクリプトをまとめてみました。
特にiPhoneとiPadの判定は、少し手間がかかるので備忘録的にまとめておきました。

判定したいレイアウトロード時のスクリプトトリガに振分けスクリプトを設定し、端末ごとにレイアウトを振分けます。

使用する2つの関数を紹介します。

接続する端末のOSの違いを判定する関数「Get ( システムプラットフォーム )」

接続する端末のOSの違いによって判定が可能です。
Windowsは返り値が「2」ではなく「-2」となっていますの間違いないようにしましょう。
この関数を使って、端末を判定して予め用意してあるレイアウトへ移動をかけます。

各OSの返り値

1 : 現在のプラットフォームが Intel ベースの Mac の場合
-2:プラットフォームが Windows の場合
3 :現在のプラットフォームが iOS の場合
4 :プラットフォームがFileMaker WebDirect の場合

Get ( システムプラットフォーム )の使い方

例では、各プラットフォームに合わせてダイアログが出るような使用例です。

iOSのiPadかiPhoneを判定「Get ( アプリケーションバージョン )」

先ほどの「Get ( システムプラットフォーム )」では、iPhoneかiPadの判定が出来ないため、アプリケーションバージョンを調べる関数を使って、iPhoneかiPadなのかを判定します。

使用しているアプリケーションを判定できる返り値

FileMaker Pro:Pro ( バージョン)
FileMaker Pro Advanced :ProAdvanced ( バージョン)
FileMaker Runtime:Runtime ( バージョン)
FileMaker Web Client:FileMaker Web Publishing ( バージョン)
FileMaker Server Web Client:Web Publishing Engine (バージョン)
xDBC Client:xDBC ( バージョン)
FileMaker Server:Server (バージョン)
FileMaker Go(iPhone または iPod touch):Go (バージョン)
FileMaker Go(iPad):Go_iPad (バージョン)

Get ( アプリケーションバージョン ) の使い方

先ほどのシステムプラットフォームと組み合わせたスクリプト例です。
PatternCount関数を使うことにより、Getしたアプリケーションバージョンに「iPad」という言葉があるかで判定しています。

スクリプトを入れたサンプルファイルを作成しましたので、参考にしてください。下記はマックでアクセスすると指定のレイアウトへ移動して下記のような画面になります。

デバイスごとにレイアウトを変更可能

iOSでもiPhoneとiPadは画面サイズが違うからもっと簡単判定して欲しい

同じiOSでも画面サイズが異なりますので、iPadかiPhoneか判定は多用します。システムプラットフォームだけで判定出来ると助かるのですが、今のところはダメなようです。デバイスの判定を行うことで、ユーザーは意識すること無くデバイスに適したレイアウトでFileMakerを操作できるようになります。

無料サンプルファイルがダウンロード出来ます

 - 役立つ備忘録, 無料で使えるサンプル , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 15 follow us in feedly

  関連記事

iphone_barcode
FileMaker Go iPhoneのカメラでバーコードを読み取る2つの方法

FileMaker Goでは iPhoneやiPadのカメラでバーコードを読み取 …

ソースの色付けイメージ
スクリプトに色付けや全文コピー出来る無料プラグインの紹介

htmlやCSS、プログラムで使うエディタでは、 色がついて見やすくなっています …

複数のポータル移動
同じレコード内に複数のポータルがあるときの行移動

同じレイアウト内にポータルを複数貼り付けることがあります。 スクリプトを作成して …

結構良いサンプルが出来ました
リスト形式でアクティブな行にだけボタンやゴミ箱を表示する方法

前回は、ポータル内のアクティブな行にだけ、 ゴミ箱や詳細ボタンを表示する方法を紹 …

パスワード自動生成
Filemaker内でパスワードを生成する方法!桁数や使用する文字も制限可能

ファイルメーカーの中でパスワードを生成する方法を紹介します。 ユーザーを管理シス …

関連レコード総数
ポータル内の行数、関連レコード数を簡単に数える方法

ポータルの行数を取得したい場合に使う関数と計算式を紹介します。 「ポータルの行数 …

文字数を数える方法
文字数をリアルタイムに数える方法

ブログやサイトの記事を管理出来る システムを作ってみました。 その際に必要だった …

アクティブなポータル行完成イメージ
ポータル内のアクティブ行だけにボタンを表示する方法

ファイルメーカーで、ポータルの選択した行にだけに ボタンを表示する方法を紹介しま …

バイト数で文字の長さを制限
カスタム関数Leftbを使って指定のバイト数だけ文字を取り出す方法

FileMakerは、ウェブサイトや楽天やYahoo!ショップなどのネットショッ …